NEWS・メディア

■NEWS


 過去のNEWS
   2014(平成26)年2015(平成27)年2016(平成28)年

   2017(平成29)年2018(平成30)年2019(令和元)年

   2020(令和2)年

2022年11月20日
活動報告会開催
 東京で活動報告会を開催しました。沖縄で7月、9月、10月に実施した遺骨発掘収容について、映像や写真をご覧頂きながらお話ししました。今後も多くの皆様のご参加お待ちしております。




遺留品や、活動を取り上げた新聞記事等もご覧頂きました。

2022年10月05日
YouTubeに映像掲載
 YouTubeに『戦後77年 海軍壕から多数の遺骨 ー300人参加の遺骨収容 沖縄ー』を掲載しました。どうぞご覧下さい。拡散大歓迎です。

『戦後77年 海軍壕から多数の遺骨 —300人参加の遺骨収容 沖縄—』
海軍壕遺骨収容で多くの遺骨が見つかりました。

(2022年10月)
空援隊YouTubeチャンネル
より)

※宜しければ、再生後、画面右下の「YouTube」ボタンをクリックしてご覧下さい

2022年11月13日

活動報告会開催のお知らせ(東京・11月)
 東京において活動報告会を開催します。沖縄で7月、9月、10月に実施した遺骨収容活動を中心にお話しする予定です。9月の調査では、戦死したアメリカ兵の認識票を発見し、数日後にアメリカからご遺族が訪れました。また10月には旧海軍司令部壕で遺骨収容を実施し、のべ300人以上のボランティアが参加し、予想以上に多くのご遺骨や遺留品を発見しました。皆様のご参加をお待ちしております。ご参加ご希望の方は11月17日(木)までにご連絡下さい。

 ◎日時:2022年11月20日(日)午前9時30分-12時
 ◎場所:銀座区民館(東京都中央区銀座4丁目13番17号)
     ・東京メトロ 日比谷線「東銀座」駅5番出口 徒歩2分
     ・都営地下鉄 浅草線 「東銀座」駅3番出口 徒歩3分
     ・東京メトロ 銀座線 「銀 座」駅A7出口 徒歩10分
 ◎連絡先(メール)office@kuuentai.jp
     (FAX)075-321-4607
     (電 話)075-321-4661


2022年10月31日

沖縄遺骨収容 旧海軍司令部壕2022年10月⑧ ご遺骨を預けました
 

 9日間の活動で収容したご遺骨を、遺骨収集情報センター(平和祈念公園内)に預けました。毎回言われることですが、いつ国が鑑定するかは未定だそうです。




今回収容した遺骨

 旧海軍司令部壕の未公開箇所は、遺骨収容に携わってきた人たちが、以前より調査する必要があると思っていた箇所だったそうです。とはいえ過去に複数回遺骨収容が行われていたため、見つかる遺骨は少ないと思っていました。けれども実際に見つかったのは上記の通りでした。
 今回調査した箇所は全体の1/5。今後も引き続き調査しますので、ご参加お待ちしております。
 私達の活動は、会費と寄付、そして役員の持ち出しで何とか継続しております。宜しければご支援をご検討頂きたくどうぞ宜しくお願い致します。



2022年10月30日

沖縄遺骨収容 旧海軍司令部壕2022年10月⑦最終日


 10月22日から実施してきた活動最終日。未公開部分150mのうちの30m部分を地面まで掘り出して完掘しました。9日間で参加者はのべ300人以上。中学生、高校生、大学生、ボランティアの自衛隊員、本土からの参加者、若手神職40人のグループ、最高齢の80歳、そして在沖アメリカ人やアメリカ本土からも参加し、目の高さ以上にあった土砂から、多くの遺留品、そして約15体(推定)のご遺骨を探し出しました。


 ↑最初は入り口から奥まで土が積もり、多いところでは1.5mくらい積もっていました。
  この場所の土を掘り出し、ふるって77年前の通路を出しました。↓



 ↑掘る前は、かがまないと入れないくらい土砂が積もっていました。
 ↓全ての土砂を確認し、土のうに入れ、この場所を土のうで埋めました。


2022年10月29日

沖縄遺骨収容 旧海軍司令部壕2022年10月⑥4mの範囲で見つかった遺骨


 以下の写真は4mの範囲で見つかった遺骨です。これらは、今までに見つかった遺骨の一部で、様々な場所から遺骨が見つかっています。





 一方、今日は皆さんで一日かけて土をふるいましたが遺留品も遺骨もあまり見つかりませんでした。活動していればそのようなことも多々あります。重い土を掻き出して、運びだし、ふるいに載せ、水分を含んだ粘土のように固まった土から骨や遺留品を探す作業は思っている以上に体力を消耗します。何も見つからないと特に疲労を感じますが、参加者が「自分達のこの作業が次の活動に繋がるんですね」とお話しされていて実際に汗まみれ泥だらけになって活動することでしか実感できない言葉だと感じました。明日は最終日です。

2022年10月28日

沖縄遺骨収容 旧海軍司令部壕2022年10月⑤若手神職ら40人が参加
 本日は神道青年会全国協議会の神職、全国氏子青年協議会の方々39人が参加されました。4日前に大腿骨が見つかった近くで、別の方の大腿骨や脛骨、肋骨等が見つかりました。最後、皆さんで祓詞(はらえことば)を上げて頂きました。





2022年10月27日

沖縄遺骨収容 旧海軍司令部壕2022年10月④活動、中日
 朝一で壕を確認すると、昨日まで主力として活動して下さった学生さんたちからのメッセージが残されていました。場所が狭い、土のうは外に出せない、道具も限られる数しかない等、色々制約が多い中でも最後までしっかり作業をして下った皆さんの思いも引き継いで、最終日の今週日曜日まで頑張ろうと元気をもらえたメッセージでした。8人の学生さんどうもありがとうございます!



 また本日は地元テレビ局2社が取材に訪れました。昨日訪れた沖縄タイムス朝刊に記事が掲載されました。
 『「まだこんなに残されているとは…」続出する遺骨に驚く収集ボランティア 沖縄の旧海軍司令部壕』
 OTV(沖縄テレビ)は本日のお昼と夕方のニュースで放送されたそうです。
 『未公開箇所で遺骨収集 旧海軍司令部壕 豊見城市』



2022年10月25日

沖縄遺骨収容 旧海軍司令部壕2022年10月③多くの遺骨が見つかっています
 昨日は大腿骨等大きな骨が見つかりました。場所は観光通路のすぐそば。5cmほど掘った場所から見つかりました。参加者からは「観光客が見る場所に長年埋まっていたとは」「こんなにたくさん遺骨が見つかるとは思っていなかった」と驚きの声が聞かれています。作業は続きます。








2022年10月23日

沖縄遺骨収容 旧海軍司令部壕2022年10月② 57人のボランティアが参加
 本日は57人の方々が参加されました。高校生、大学生、県外からの参加者、在沖アメリカ人等、顔触れは様々です。皆さんの力が合わさり、作業が予定以上に進みました。ご遺骨・遺留品も次々と見つかっています。







2022年10月22日

沖縄遺骨収容 旧海軍司令部壕2022年10月①遺骨収容開始
 沖縄県において、今年4回目の遺骨収容を本日から開始しました。
場所は旧海軍司令部壕の未公開部分約150m。総勢42人が参加し遺骨や遺留品が見つかっています。







2022年10月05日
YouTubeに映像掲載
 YouTubeに『77年ぶりに見つかった米兵のドッグタグと遺族の訪問、そして― 遺骨の残る沖縄で 日米合同遺骨収容2022年9月』を掲載しました。どうぞご覧下さい。拡散も大歓迎です。

『77年ぶりに見つかった米兵のドッグタグと遺族の訪問、そして―
 遺骨の残る沖縄で 日米合同遺骨収容2022年9月』

沖縄の遺骨収容で米兵のドッグタグ(認識票)が見つかり、その数日後にアメリカから遺族が沖縄を訪れました。前例のない活動の記録です。

(2022年9月)
空援隊YouTubeチャンネル
より)

※宜しければ、再生後、画面右下の「YouTube」ボタンをクリックしてご覧下さい

2022年09月12日

沖縄遺骨収容2022年9月③ QUINN兵士の甥のラリーさんが壕を訪問
ドッグタグが家族のもとに

 77年前に亡くなったJohn QUINN兵士の甥のラリー・パレノさんが、おととい、壕を初めて訪れました。沖縄の遺骨収容活動において、米兵の親族が、自分の身内が亡くなった場所で遺骨収容に参加するのは、戦後77年の間でおそらく初めてのことだと思います。
 ニューヨークから前日の夜遅くに沖縄入り。翌日は朝7時前には宿を出発するという非常にハードスケジュール。他の参加者が到着する前に、4日前にQUINN兵士のドッグタグが見つかった場所に立たれました。初めての海外旅行で時差ボケもきつく、また沖縄のテレビ局3社と新聞社1社からの取材を受けて、気持ちの整理が全くつかないようでした。


認識票が見つかった場所を訪れるラリーさん。
湧き上がる気持ちを整理しきれず言葉にならない様子でした。



非常に蒸し暑い壕の中で、参加者と一緒に大きな石や土のう袋を運ぶラリーさん。
テレビ局のカメラマンらがその様子を撮影していました。


 昨日は活動最終日。壕を後にする前に、生前QUINNさんの父(ラリーさんの祖父)が、亡くなったQUINNさんを思い書いた詩を、認識票が出た場所にラリーさんが埋め、参加者全員でそれを見守りました。

 そして本日は平和祈念公園(糸満市摩文仁)を訪問。在沖米軍基地から司祭にお越し頂き、急遽、慰霊祭が営まれました。そしてその様子をオンラインでアメリカとつなぎ、ラリーさんの親族と、壕で亡くなったもう一人のアメリカ兵のご遺族が見守りました。
 その後、QUINN兵士の名前が刻まれた平和の礎の前で、QUINN兵士のドッグタグと、そのそばで見つかった海兵隊の指輪、4月の調査で見つかった1926年製(QUINN兵士が生まれた年)の25セント銀貨をラリーさんに返還しました。

QUINN兵士の認識票、海兵隊の指輪、25セント銀貨が77年ぶりに親族のもとに帰りました。
それらを入れる桐の箱は日本人ボランティアが用意下さいました。


 集まったメディアに対してラリーさんは「認識票の近くで遺骨が多数見つかった。日本政府に早急な鑑定を望む。」と話していました。
 尚、厚労省が遺骨の鑑定をするのは、遺骨が見つかった時期に関わらず、翌年の1月以降だと関係者は話します。私達はこの壕で4月、7月に調査を行い、いずれの回でも多くの遺骨を見つけましたが、まだ鑑定が行なわれていません。ただし、それらの遺骨が1月以降に鑑定されるわけではないという話も聞いています。沖縄で見つかったある遺骨は、氏名が分かる遺留品とともに見つかり、鑑定ができる部位も十分な量もあり、ご遺族も判明しているにもかかわらず、厚労省が鑑定に取り掛かるまでに10年以上かかったそうです。
 2016年に施行された「遺骨収集推進法」では、国は早期の遺骨収容・返還に努めると述べています。これまで私達がこの壕で収容した遺骨には日本人の遺骨も多く含まれており、日米の遺骨を判定するためにも、まずは「同位体比分析」による早急な鑑定を求めます。

これほど多くのメディアの取材を受けたことがなく、非常に緊張されていました。
遺骨収容に関わった日米の参加者に対する感謝の言葉を繰り返し述べられていました。

2022年09月9日

沖縄遺骨収容2022年9月② 壕で亡くなった米兵の親族が明日壕を訪れます!
 77年前の1945年6月29日、私達が現在活動している壕で、2人のアメリカ海兵隊員が亡くなりました。その一人、John Quinn兵士の甥のラリーさんがニューヨークからお越しになり、明日から一緒に活動することになりました。
 かねてからラリーさんは、おじさんのQuinnさんが亡くなった沖縄を訪れたいと思っていたそうです。ようやくコロナが落ち着き、今回の参加を希望されていましたが、コロナの影響で入国の事前申請がかなり煩雑になり、前向きな気持ちにためらいが生じていたようでした。そんな中、数日前にQuinnさんのドッグタグが見つかり、すぐに飛行機のチケットを取って昨晩ニューヨークを出発。22時間のフライトを経て沖縄に到着されました。
 61年間の人生でこれが初の海外旅行とのこと。明日壕に入り、ドッグタグが見つかった場所を参加者と一緒に掘る予定です。
 4月、7月、そして今回の日米の参加者の活動が、ラリーさんの訪問につながったと強く感じます。これまでの参加者全員とラリーさんを一緒にお迎えする心持です。また、直接参加されなくとも、戦没者に心を寄せる支援者の応援があって活動が成り立っています。
 日米それぞれの戦没者が少しでも早く祖国に帰れるように明日からも活動して参ります。

昨日はドッグタグが見つかったそばで地元の大学生らが発掘。多くの遺留品や遺骨を見つけた。


本日は上記場所で、有志の自衛隊員が頭蓋骨を見つけました。


 

20mの距離を何十回と往復して廃土を運んで下さった。

お茶碗がきれいに出て大喜びの米空軍兵士。仕事を休んで毎日参加下さっています。



2022年09月06日

沖縄遺骨収容2022年9月① 壕で亡くなった米兵のドッグタグ他発見
 4月及び7月に発掘調査を実施した62師団野戦病院壕跡において、9月3日から調査を再開しました。この壕では民間人を含めて多くの日本人が亡くなりました。そして2人のアメリカ兵(海兵隊員)も亡くなり、遺体は壕に残されました。
 その2人のアメリカ兵のうちの1人John QUINN兵士のドッグタグ(認識票)が本日見つかりました。沖縄の遺骨収容の現場で、アメリカ兵のドッグタグ(認識票)が見つかることは「聞いたことがない」と沖縄で長年遺骨収容に携わってきた関係者は話しています。そしてそれ以外にもドッグタグのそばから、遺骨、海兵隊の指輪等々が見つかりました。2人のアメリカ兵は海兵隊員です。また昨日はそれらが出たそばからアメリカ製の靴底も見つかりました。
 私達がこの壕を発掘調査するきっかけとなったのは、Quinn兵士の遺族からの依頼でした。ドッグタグが見つかったことを早速NYのご遺族に知らせると「信じられない!」を何度も繰り返し言葉にならないようでした。
 今回の調査も日米合同で実施しています。今日の参加者はアメリカ兵で、彼らもとても喜んでいました。日本人の遺留品も出ていますので、日米両方の遺骨を77年ぶりに掘り起こせるように明日からも調査を続けます。

一番上から2番目にかけて「QUINN JOHN B. JR」の名前。一番下の「USMCR」が米海兵隊を指す。


海兵隊の指輪 上の円内にUNITED STATES、下の円内にMARINEの文字が読める


 

↑昨日見つかったアメリカ製のブーツのソール。大きいサイズでアメリカ人の可能があったため
刻まれた文字を確認したところアルファベットが読めた。
↓参加者のアメリカ人に読んでもらったところ「WAR PATION SOLES」と記載されていた。
WEBで調べたところ戦前のものとのこと。


彼らがドッグタグ等を見つけた。本日は多くの遺骨や遺留品が見つかった。



2022年08月24日
YouTubeに映像掲載
 YouTube『それぞれの視線の先 -戦没者の遺体収容-』を掲載しました。どうぞご覧下さい。拡散も大歓迎です。

2015年サイパン遺骨収容の記録。それぞれの視線のその先にあるものとは。
空援隊YouTubeチャンネルより)

※宜しければ、再生後、画面右下の「YouTube」ボタンをクリックしてご覧下さい

2022年8月8日
沖縄 遺骨収容・調査(2022年9月)参加者募集
 以下の日程で、沖縄において遺骨収容・調査を実施致します。ご参加ご希望の方はお問い合わせ下さい。
 【日程】2022年9月3日(土)-11日(日)
 【参加条件】
  滞在期間中、次の2つのルールを守れる方
   ・食事は食べ残さないこと
   ・禁酒
   ※安全確保のため、スタッフの指示に従って下さい
 【締め切り】
  
2022年8月20日(土)
 【連絡・問合せ】
  (電話)075-321-4661
  (e-mail)office@kuuentai.jp

2022年08月08日
YouTubeに映像掲載
 YouTubeに『-私達が参加した理由、そして- 遺骨の残る沖縄で 日米合同遺骨収容 2022年夏』を掲載しました。どうぞご覧下さい。拡散も大歓迎です。

『-私達が参加した理由、そして-
 遺骨の残る沖縄で 日米合同遺骨収容 2022年夏』

戦後77年、日米合同遺骨収容に参加した人の「率直な」思い

(2022年7月)
空援隊YouTubeチャンネルより)

※宜しければ、再生後、画面右下の「YouTube」ボタンをクリックしてご覧下さい

2022年07月20日
YouTubeに映像掲載
 YouTubeに『沖縄 束辺名野戦病院壕 遺骨収容の記録(2022年7月)-この壕の日米戦没者・ご遺族へ-』を掲載しました。どうぞご覧下さい。拡散も大歓迎です。

『沖縄 束辺名野戦病院壕 遺骨収容の記録(2022年7月)
-この壕の日米戦没者・ご遺族へ-』

戦後77年、日米協力して戦没者を探す活動の記録

(2022年7月)
空援隊YouTubeチャンネルより)

※再生後、画面右下の「YouTube」ボタンをクリックしてご覧下さい

2022年07月14日

沖縄遺骨収容2022年7月④
 7日間の活動が終了しました。今回、在沖アメリカ兵・軍関係者、自衛隊有志、地元の大学生・高校生、中学生・小学生のアメリカ人姉弟、神職、市会議員、アーティスト、協力団体や協力者、等々…合わせて49人、のべ132人が参加しました。収容した遺骨は土のう袋約1袋分、遺留品は約4袋分でした。
 年齢、職業、国籍、それぞれ背景の異なる参加者が、ひとたび壕に入れば、それらを超えて協力します。特別難しいことをしているわけではありませんが、戦没者を探す思いが行動に表れるようで、言葉がなくとも思いが伝わってきます。そして、その思いは海を超え、アメリカの遺族にも伝わったようでした。
 最終日、全ての作業を終えて、オンライン中継で再び遺族と現場をつなぎました。神職が祝詞をあげられた後、アメリカ兵が日本人戦没者に、そして自衛隊員がアメリカ人戦没者に花を捧げました。遺族らは「参加者に心から感謝します」と何度も何度も述べられていました。
 4月に実施したこの壕での最初の発掘収容が、この活動が広がる大きな第一歩となり、その参加者を含めて一つのチームであり、誰一人欠けてもこの活動ができなかったと改めて感じます。参加者の皆さんそれぞれの思いが、距離を超えてアメリカの遺族に伝わり、そして彼らの思いを私達も受け取ることができました。この壕での発掘は次回に続きます。ここから遺骨がなくなったと言えるよう、次回もしっかり調査したいと思っています。
 最後、現場から引き上げる際、いつもは少しぶっきらぼうで口数の少ない方が「本当に良いものをみせてもらいました」と一言声をかけて下さったことが印象に残りました。


4月の参加者含め、この活動に関わって下さった全ての参加者に御礼申上げます。

2022年07月11日

沖縄遺骨収容2022年7月③
 今回、在沖アメリカ兵や軍関係者、自衛隊員有志も多数参加し、かつて敵味方別れた戦った人達が共に協力して活動しています。また土日は、各日28人、33人が参加。高校生、大学生、休暇で沖縄に来る数日前に活動を知って急遽参加した方等々も。
 初めて会った人たちいきなり一緒に活動して頂いてますが、蒸し暑い中、地面に這いつくばり、同じ目的のため一緒に泥まみれ汗まみれになると、言葉を多く交わさずともぐっと相手との距離が近くなるようです。遺骨を探すには土の状態が悪いですが、参加者の前向きな思いが活動を前進させるようで、遺骨や遺留品が毎日次々に見つかっています。


沖縄遺骨収容2022年7月②
 アメリカ本土と日本とをインターネットで繋ぎ、この壕で戦死したアメリカ兵の親族たちと話をしました。
 沖縄戦が終結された(とされる)日から数日後、この壕に入ってきたアメリカ兵が日本兵に撃たれました。その直後に急行したアメリカ軍は、彼らの救出を試みましたが、日本兵の頑強な抵抗により、2人のアメリカ兵の遺体を残したまま、壕の入り口が爆破されました。
 その兵士のうちの一人、Quinn兵士のドッグタグが1993年に壕入口で見つかり、その親族とこの日話をしました。本年4月の調査では、アメリカ兵と思われる遺骨も見つかり、親族らは「日本政府に早急なDNA鑑定を求める」と話しました。そして「親族一同、皆さんの活動に心から感謝しています」と、ボランティアのメンバーたちに謝辞が伝えられました。戦没者の帰りを心から願う親族たちの思いに直に触れた時間でした。
 

アメリカの7か所から親族がオンライン中継に参加。現場を目の前に感激されていました。


2022年07月07日

沖縄遺骨収容2022年7月①
 4月に調査を実施した62師団野戦病院壕跡において、発掘収容調査を再開しました。今回も在沖アメリカ兵や軍関係者らも参加する日米合同チームです。
 早速スコップで土を掘って・・・と意気込んでいた参加者もいましたが、今日の作業はひたすら土のうづくり。「遺骨収容なのに土木作業?!」という声も若干聞かれましたが、発掘するためには、作業できるように準備をする必要があります。これがなかなかの重労働。それでも、初めて会った日米の参加者がチームワークよく大量の土のうを作って下さいました。

スコップ持って遺骨を探す!と意気込んでいた参加者は若干肩透かしだったとか?!


2022年6月19日
総会、年度報告会開催
 東京で総会と年度報告会を開催しました。
 新型コロナウィルス蔓延の影響で、2年以上現地調査活動が実施できませんでしたが、今年に入り沖縄で本格的に活動を再開しました。今後、沖縄が主戦場の一つになること、今後の空援隊の目標、次の世代にバトンを渡すこと等をお話ししました。



2022年5月20日
沖縄 遺骨収容・調査(2022年7月)参加者募集
 以下の日程で、沖縄において遺骨収容・調査を実施致します。ご参加ご希望の方はお問い合わせ下さい。
 【日程】2022年7月7日(木)-13日(水)
 【参加条件】
  滞在期間中、次の2つのルールを守れる方
   ・食事は食べ残さないこと
   ・禁酒
   ※安全確保のため、スタッフの指示に従って下さい
 【連絡・問合せ】
  (電話)075-321-4661
  (e-mail)office@kuuentai.jp



2022年05月20日
YouTubeに映像掲載
 YouTubeに「日米合同遺骨収容 -遺骨の残る沖縄で-」を掲載しました。英語版も掲載しています。どうぞご覧下さい。拡散も歓迎です。

『日米合同遺骨収容 -遺骨の残る沖縄で-』
沖縄で、おそらく初めてアメリカ兵らも参加した遺骨収容の記録。
(2022年4月)
空援隊YouTubeチャンネルより)


※再生後、画面右下の「YouTube」ボタンをクリックしてご覧下さい

英語版はこちら↓English Version
“Japan-U.S. Joint Recovery for the WWII Remains
in Okinawa”

空援隊YouTubeチャンネルより)


※再生後、画面右下の「YouTube」ボタンをクリックしてご覧下さい


2022年04月26日

沖縄遺骨収容2022年4月③(主催:NPO法人沖縄戦没者遺骨協議会)
 現場活動最終日を迎えました。
 約1週間で収容したご遺骨は土嚢袋約2袋分(具体的な数は未定)、遺留品は土嚢袋約7袋分見つかりました。また参加者はのべ105人、そのうち在沖アメリカ軍人や関係者らが約27人参加しました。

 収容したご遺骨は、戦没者遺骨収集情報センターにお預けしました。今回の壕は米軍資料にアメリカ兵が銃撃され、遺骨がそのまま残されたと記載された場所で、実際に25セント硬貨や折り畳み式ナイフの刃等、当時の日本人が持っていないと思われる遺留品も見つかりました。そのため、お預けした遺骨にアメリカ人の遺骨が混じっている可能性が非常に高く、鑑定においては、その点に留意し鑑定してほしい旨をセンター長に申し入れました。センター長は「(鑑定を行う)厚労省にその旨伝えます」と話しました。


アメリカ兵のものと思われる遺留品 速やかな鑑定が待たれます


 遺留品の中には、先日ここでお知らせした「植田」さんの印鑑以外にも2つの印鑑が見つかりました。「光島」印と「増田」印です。お心あたりの方がいらっしゃいましたら空援隊までご一報頂けますようどうぞ宜しくお願い致します。見つかった場所は62師団野戦病院壕です。
 


「光島」印


「増田」印



2022年04月23日

沖縄遺骨収容2022年4月②(主催:NPO法人沖縄戦没者遺骨協議会)
 今日で4日目。非常に多くの遺骨や遺留品が見つかります。その中にはこのようなものも。

上部には“UNITED STATES OF AMERICA”、下部には“QUARTER DOLLAR”の表記


下部に“1926”の表記


 これは1926年製造の25セント硬貨。
 記録では、この壕で2人のアメリカ兵が日本兵に銃撃され死亡、その後にアメリカ軍が入り口を爆破して封鎖したとのこと。彼らの遺骨は今も見つかっていません。
 1926年は大正15年。アメリカ兵がここにいた大きな証拠の一つだと考えます。これが見つかった場所では多くの遺骨も見つかっています。

 また「植田」と掘られた立派な印鑑も見つかりました。できればご遺族にお返ししたいと思っていますので、持ち主の手がかりとなる情報をご存知でしたら、どうぞ空援隊までご一報下さい。ここは62師団野戦病院壕です。





2022年04月20日

沖縄遺骨収容2022年4月①(主催:NPO法人沖縄戦没者遺骨協議会)
 新型コロナウィルス感染拡大の影響により、2年以上現場活動を中止せざるを得ない状況が続いていましたが、沖縄で本格的に現場活動を再開しました。 調査地はかつて野戦病院だった壕(洞窟)。事前調査で残骨や遺留品が多く見つかっていました。またここは日本兵に撃たれたアメリカ兵亡くなった場所。遺骨は今もみつかっていません。
 今回は、日本人参加者と共に、在沖縄アメリカ兵や退役軍人も参加する日米合同調査(主催:NPO法人沖縄戦没者遺骨協議会)。皆さん一緒になって汗をかきました。アメリカ人参加者からは「とても疲れたけどまた是非参加したい」という声が多く聞かれました。明日以降も作業が続きます。

沖縄において日本人と在沖米兵が一緒に遺骨収容を行うのは初めてのことかもしれません

2022年3月23日

沖縄 遺骨収容・調査(2022年4月) 参加者募集
 以下の日程で、沖縄において遺骨収容・調査を実施致します。ご参加ご希望の方はご連絡下さい。
 【日程】2022年4月19日(火)-26日(火)
 【参加条件】
  滞在期間中、次の2つのルールを守れる方
   ・食事は食べ残さないこと
   ・禁酒
   ※安全確保のため、スタッフの指示に従って下さい
 【応募締切】2022年4月2日(土)
 【連絡先】特定非営利活動法人空援隊
       (電話)075-321-4661
       (e-mail)office@kuuentai.jp


2021年11月07日

第2回遺骨収容研修プログラム(講義)開催
 11月6日に東京で第2回遺骨収容研修ログラムを開催しました。
 遺骨収容において特に重要で、私たちの現場活動のうち、約8割の時間を費やすのが「遺骨のある場所を探す」ことです。そのために活用する米軍資料の分析方法や、分析した資料を基に現地で情報収取するにあたっての注意点等をお話ししました。
 これまで、遺骨のある場所を探した後の「収容活動」に、皆さんに参加頂きましたが、今後は「遺骨を探す「下士官」を育成することが重要だ」という話が、参加者との対話で出ました。



戦没者を探すにはどうしたら良いか、何ができるのか、皆さん真剣でした。



2021年10月11日

第2回遺骨収容研修プログラム(11月・東京)開催のお知らせ
 東京において第2回遺骨収容研修プログラム(講義)を開催致します(詳細は以下参照)。初めて出席される方にもお分かり頂けるようにお話しする予定です。多くの方のご出席をお待ちしております。
 尚、新型コロナウィルス蔓延状況により延期する可能性もあります。ご出席予定の方にご連絡しますので、10月29日(金)までに出欠をお知らせ頂けますようお願い致します。

 ◎日時:2021年11月6日(土)午後2時-4時
 ◎場所:銀座区民館(東京都中央区銀座4丁目13番17号)
     ・東京メトロ 日比谷線「東銀座」駅5番出口 徒歩2分
     ・都営地下鉄 浅草線 「東銀座」駅3番出口 徒歩3分
     ・東京メトロ 銀座線 「銀 座」駅A7出口 徒歩10分
 ◎連絡先(メール)office@kuuentai.jp
     (FAX)075-321-4607
     (電 話)075-321-4661


遺骨収容研修プログラムとは?(第2回)
【目的・概要】
 遺骨収容活動の実際を正確に知ってもらうことを目的としています。遺骨収容と聞いてイメージするのは発掘作業です。でもそれは全体の活動の2割未満。活動の多くは「遺骨の場所探し」に費やされます。ではどうやって探すのか?どんな許認可が必要なのか?等々、空援隊がゼロから築いてきたノウハウを「講義」と「現場研修」を通じてお伝えします。

【プログラムを実施する背景】
 国の遺骨収容事業が先細りになっている一方、民間の活動も激減しています。遺骨収容活動を次世代に繋ぎ、担い手を増やすことが必要となっています。



2021年06月27日

遺骨収容研修プログラム・通常総会を開催(東京)
 遺骨収集推進法が6年前(2016年)に成立しました。しかし国の成果は上がらず、今の国の事業では、112万人以上の未収容戦没者の帰還はほとんど期待できません。一方、民間の個人や団体はごくわずかで、ここ数年引退する人も増えました。新たに始めようと思ってもノウハウがなく、担い手不足が大きな課題です。活動を繋いでいくために、今後空援隊では、携わる人たちに、正確に遺骨収容について理解してもらい、実践してもらえるように「遺骨収容研修プログラム」を複数回にわたって開催することにしました。この日はその第1回目。
 多くの人が「遺骨収容」に対して持っているイメージは、土を掘って遺骨を探すものです。でもそれは最終段階。全活動時間のうちの2割未満です。実際は、遺骨のある場所を探すための「調査」に多くの時間を費やし、またその場所を見つけた後には、収容を行うための許可取得も必要です。従来は最終段階の「収容」に皆さんに参加してもらってきました。今後は、それ以外の活動も知ってもらおうと、この日は、知識もノウハウもゼロだった民間団体の空援隊が、遺骨調査・収容の方法論を、どんな経緯で、どうやって「自力で」確立してきたのか、フィリピンでの経験を主にお話ししました。
 今後のプログラムでは、実際にどのように調査を行うのか、より具体的なお話をする予定です。現地プログラムも実施予定です。ご参加お待ちしております!


新型コロナウィルス感染拡大の影響により8ヵ月以上ぶりの会議開催
フィリピン、サイパンでの活動、国の事業の実像、アメリカ兵の遺骨を見つけたこと等々、
書ききれないくらい多くのことを、時間いっぱい一気にお話ししました…。
また通常総会では全議案が可決されました。


■メディア情報

2022年11月1日

QAB(琉球朝日放送)で旧海軍司令部壕の遺骨収容活動が取り上げられました。


 ●QAB(琉球朝日放送)ニュース番組「CATCHY」2022年11月1日
 『旧海軍司令部壕で多く遺骨と名前入りの遺留品見つかる』


2022年10月30日

RBC(琉球放送)で旧海軍司令部壕の遺骨収容活動が取り上げられました。


 ●RBC(琉球放送) 2022年10月30日
  (映像 YouTube) RBCニュース 「旧海軍司令部壕 大規模遺骨収集」
 

 (記事)『旧海軍司令部壕 未公開エリアで 大規模遺骨収集』

2022年10月28日

琉球新報で旧海軍司令部壕の遺骨収容活動が取り上げられました。


●琉球新報 2022年10月28日
『遺骨やすずり、万年筆…海軍壕で数多く見つかる 非公開部分の発掘調査「供養できれば」 沖縄・豊見城』

2022年10月27日

沖縄タイムスとOTVで旧海軍司令部壕の遺骨収容活動が取り上げられました。

 ●沖縄タイムス 2022年10月27日  
 『「まだこんなに残されているとは…」続出する遺骨に驚く収集ボランティア 沖縄の旧海軍司令部壕』  
 
 ●OTV(沖縄テレビ) 2022年10月27日  
 (映像 YouTube) OTB沖縄テレビ 『未公開箇所で遺骨収集 旧海軍司令部壕 豊見城市』
 
 
 (記事)『旧海軍司令部壕 未公開エリアで 大規模遺骨収集』  
 

2022年9月16日

 琉球朝日放送(QAB)、「STARS AND STRIPES」が沖縄で戦死した米兵の甥ラリーさんの訪問を取り上げました。どうぞご覧下さい。

●琉球朝日放送 2022年9月16日(夕方ニュース番組「CATCHY」)
『地下壕から米兵認識票見つかり遺族が沖縄に』


●STARS AND STRIPES 2022年9月14日
『‘That’s him’: Nephew of WWII Marine casualty witnesses remains recovery on Okinawa』


2022年9月12日

 NHK、沖縄タイムス、共同通信が、沖縄で戦死した米兵の甥ラリーさんの訪問の件を取り上げました。

●NHK 2022年9月10日
『77年前の沖縄戦で死亡の米兵遺族 糸満市の壕を初めて訪問』


●沖縄タイムス 2022年9月11日
『[戦後77年]戦死米兵のおい 遺骨収集 認識票発見の壕で 糸満』

●共同通信 2022年9月12日
『米兵認識票、遺族の元に 沖縄戦で死亡、NPO発見』


2022年8月25日

 来年サイパン慰霊祭を開催予定の記事が地元新聞に掲載されました

 Marianas Variety 2022年8月24日
❝Saipan mayor, Kuentai-USA look forward to next year’s memorial rites❞


2022年8月24日

 3年ぶりに訪れたサイパンで、日本政府の遺骨収容事業をサポートした空援隊の活動を地元新聞が記事にしました。

 Marianas Variety 2022年8月23日
❝Remains of WWII soldiers unearthed in Tanapag❞

2022年8月13日

 4月に空援隊が沖縄の壕で見つけた印鑑の記事が京都新聞に掲載されました。

 京都新聞 2022年8月13日
『沖縄戦ガマに遺骨、「光島」と刻まれたはんこ 持ち主は京都か、探し訪ねた』

2022年7月20日

 7月に実施した沖縄での遺骨発掘収容の記事が掲載されました。

 Stars and Stripes 2022年7月18日
  “ 'It's our job to find them': Japanese, Americans dig for WWII remains on Okinawa”

2022年6月30日

 4月に実施した沖縄での遺骨発掘収容の記事が掲載されました。

 Stars and Stripes Japan 2022年6月24日
  “The Cave: Bringing Pfc. John Quinn Home”

2020年7月8日

 空援隊とKUENTAI-USAが7月7日に開催する予定だったサイパン合同慰霊祭は、コロナウィルス感染拡大のため無期限延期としました。それを伝える地元新聞の記事が掲載されました。

 Marianas Variety 2020年7月7日
  「Kuentai group postpones visit to Saipan」

 日本軍最後の総攻撃(バンザイ突撃)が行われた7月7日に開催してきた慰霊祭は今年で5回目を数える予定でした。毎年国際宗教同志会や宗教者の皆さんの協力のもと営んできた式典には、サイパン市長を始めとして地元の方々、日本からも会員に参列頂いてきました。新聞社の取材に対してサイパン市長は空援隊の今回の決断に敬意を表し「また会える日を楽しみにしている」と述べられました。地元の皆さんのご理解やご協力のおかげで私達は継続的に活動させて頂いています。コロナウィルス感染拡大が落ち着いたら、サイパンでまた遺骨調査活動と慰霊祭を行います。少しでも多くの戦没者を日本にお迎えする道筋を作っていく活動は今後も続きます。


2019年8月27日

 FMぎのわん「瓦職人のヒーローにインタビュー」に倉田専務理事がゲスト出演した回(8月27日)の放送がYouTubeに掲載されました。

   ●YouTube FMぎのわん
   「瓦職人のヒーローにインタビュー@2019/08/27」
※再生後、画面右下の「YouTube」ボタンをクリックしてご覧下さい

2019年8月26日

 8月27日14時からFMぎのわん「瓦職人のヒーローにインタビュー」に急遽ゲスト出演することになりました。倉田専務理事が遺骨収容について話します。全国どこからでもスマホやパソコンでお聞きになれます。

   ●ラジオの聞き方
   ListenRadioで「全国のラジオ局」をクリック
   →「九州・沖縄」をクリック
   →「FMぎのわん」を選択
    ※FMぎのわんのHPから、ListenRadioのページにジャンプできます。

2019年7月8日

 サイパンの2つの新聞に、7月6日に空援隊が主催して執り行った慰霊祭の記事がアメリカの新聞に掲載されました。

   ●Marianas Variety
  「Shinto and Buddhist priests hold memorial ceremony in hotel parking lot」


   ●Saipan Tribune 「Group marks memorial’s 4th year」


2019年5月3日

 雑誌「AERA」編集部の大平誠記者から、文書での取材依頼が2019年4月24日に空援隊に届きました。質問内容は「遺骨収集問題についての質問」です。空援隊は2019年5月3日に、回答を大平記者に送付しました。大平記者の質問と、それに対する空援隊の回答、全文を掲載致します。

    「AERA」大平誠記者からの遺骨収集問題についての質問と、空援隊の回答

 (取材の目的) ※上記の大平記者の質問から
 小誌の「時代を読む」というコーナーで、5月13日発売号で遺骨収集問題、とりわけ第二次世界大戦で最も多くの戦死者を出したフィリピンでの遺骨収集について取り上げたいと取材を続けております。中でも厚生労働省の委託を受けた貴法人が、飛躍的に遺骨収集の数を伸ばしながら、フィリピン人の骨が多数混入しているとの疑惑から収集事業が中断してしまったことについて検証したいと考えています。昭和での戦争から貴法人がフィリピンでの収集に取り組んだ平成時代を経て、新たに令和と元号も変わるこの時期に、きちんと総括しておくべき問題と存じます。

平成31年3月28日

 八重山日報 平成31年3月28日
 「海底で米墜落機を確認 親族の遺影など供える 西表島祖納沖」
 3月23日の記事の続報です。昭和20年7月に西表島の祖納の海に墜落して亡くなったパイロットについて、遺族の関係者であるアメリカ人男性が島で調査をした記事が八重山日報に掲載されました。空援隊がそのサポートを行っています。

平成31年3月23日

 八重山日報 平成31年3月23日
 「祖納沖で遺骨調査開始 太平洋戦争末期に米軍機墜落 西表島 マカロニン氏がNYから来島」
 沖縄県西表島に戦時中に墜落した米軍機とそのパイロットについて調べるため、現地を訪問中のアメリカ人男性の記事が八重山日報に掲載されました。空援隊はKUENTAI-USAと共に彼らのサポートを行っています。記事では空援隊についても触れられています。
 

平成30年11月26日

 北海道支部報告会(11月2日)の記事が室蘭民報に掲載されました。
  室蘭民報 平成30年11月5日
  「沖縄の米兵遺骨調査結果を報告 室蘭・空援隊道支部」

平成30年7月11日

 サイパンで行った慰霊祭の記事が地元の新聞に掲載されました。
 「Saipan Tribune」(サイパンの新聞) 平成30年7月9日
 ”Kuentai repatriates 800 Japanese servicemen”



平成30年7月10日

 サイパンで行った慰霊祭が地元TV局(Saipan TV)のニュース番組で放送されました。
 「Saipan TV」
 ”KSPN2 News 2018年7月9日” ※慰霊祭は8分24秒~



平成30年7月9日

 サイパンでの遺骨調査と、サイパン市長への表敬訪問が地元の新聞に掲載されました。
 「Marianas Variety」(サイパンの新聞) 平成30年7月9日
 ”Kuentai group continues to get updates on its search for WWII remains”



平成30年06月26日

 「STARS AND STRIPES」(アメリカの新聞) 平成30年6月26日
 ”Japanese group accuses US of abandoning World War II remains on Saipan”
 空援隊とKUENTAI-USA(空援隊のアメリカの姉妹団体)がサイパンで見つけたアメリカ兵の遺骨
 (第2次大戦のサイパン戦で戦死)をアメリカ政府が3年近くも収容せず放っていることついて、空援隊の
 倉田専務理事(KUENTAI-USA理事長)が取材を受けました。
 今年5月に行った沖縄の遺骨調査の写真等も掲載されています。

           

平成29年08月25日

 「北海道新聞」に北海道支部報告会の記事が掲載されました。
 ●平成29年8月23日
 「旧日本兵 遺骨収集の現状「供養もされず置き去り」室蘭でNPOが報告会」

平成29年08月21日

 新聞「室蘭民報」に以下の記事が掲載されました。
 ●平成29年8月14日
 「伝える戦争の記憶(中)NPO法人空援隊「遺骨発掘 現地で供養」」

 ●平成29年8月19日
 「「現状伝える」が大事 空援隊がサイパン調査 室蘭で報告会」

平成29年07月28日

 地元新聞に空援隊の記事が掲載されました。
  ※空援隊のこれまでの活動内容については、間違いが多くあります。
 Saipan Tribune 2017年7月11日
 “Kurata: Kuentai mission to repatriate remains hindered by lack of permits”

平成29年07月10日

 7月7日に執り行ったサイパン慰霊祭の記事が、地元新聞に掲載されました。
 ●Marianas Variety 2017年7月10日
 “Kuentai holds memorial service for WWII dead”
       
        挨拶するサイパン市長(記事内写真)

 ●Saipan Tribune 2017年7月10日
 “Kuentai honors WWII fallen in ARC ceremon”

平成29年07月05日

サイパンの地元新聞2紙に、慰霊祭開催のお知らせ記事が掲載されました。
 ●Marianas Variety 2017年7月5日
 “Kuentai to hold memorial service for fallen soldiers”

 ●Saipan Tribune 2017年7月4日
 “Kuentai to host 2nd memorial”




ページのトップへ戻る